藤澤涼架のフルートのメーカーは?値段や種類についても調査!

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

昨年は紅白初出場し、若者に人気のグループのMrs. GREEN APPLEの藤澤涼架(ふじさわ りょうか)さん。

そんな藤澤涼架さんがライブなどで使用しているフルートが気になられている方が多いようですね!

どこのメーカーで、値段や種類はどういったものなのでしょうか?

使用しているフルート選びには、メーカーや種類などこだわりもきっと持たれていると思われますよね。

今回は、藤澤涼架さんのフルートについてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤澤涼架のフルートのメーカーは?

藤澤涼架さんが使用しているフルートについて調べてみましたが、詳しいことは分かりませんでした。

フルートについては、不明でしたが初めて購入したシンセサイザーはローランドJupiter-50というものでした。

藤澤涼架さんが使用しているフルートの種類がコレ!と言うものは不明ではありますが、おそらくこちらを使われているかな?といったフルートをご紹介していこうと思います。

フルートは何種類?

フルートには、10種類以上あるようですが、今回はこちらの6種類をご紹介します。

・ピッコロ

・ソプラノフルート

・コンサートフルート

・アルトフルート

・バスフルート

・コントラバスフルート

フルートには、銀、洋銀、白銅、金、グラナディラ(木材)などが使われいます。

それぞれに違う音の特性を持っているようです。
同じ材質でも肉厚(厚み)の違いで、音の響きなどが違いがあるみたいです。

フルートには初心者向きから中級者向きなどがあるようです!

白銅…初心者向きのフルートで、価格に関してもお手頃な価格と言われているようです。ただ1年程使い練習してくるも物足りなさも感じるとのことですね。

洋銀…こちらも白銅同様で初心者向きのフルートのようです。明るい音色が特徴みたいです。銀は含まれていなく、銅、ニッケル、亜鉛の合金で出来ているようです。

銀製…こちらは、初心者、中級者どちらともお使い頂けるフルートのようです。強弱の変化や重厚感のある音色が特徴や表現の幅を広げてくれるようです。

金…フルートを使用している方にとっては、憧れを持つフルートのようです。艶のある音色が広がり、フルートの頂点と言われているみたいですね。

木…木材ならではの暖かな音色が特徴で、音は硬い印象を感じるようです。

 

フルートのメーカーについて

フルートのメーカーってどのくらいあるのでしょうか?

そちらについても調べてみましたので、ご紹介します!

フルートのメーカーには、ヤマハ、ムラマツ、サンキョウ、ミヤザワ、パール、アルタスなどがあるようです。

ヤマハは誰もが知っている楽器屋さんになりますよね!

その中でも有名なメーカーと言われているメーカーは、ヤマハ、サンキョウ、ムラマツ、パールみたいです。

フルートの最高級ブランドといわれてるメーカーは、パウエルというブランドみたいです。

パウエルは歴史は、とても古いようで90年前に出来たブランドとのことです。

90年前からあり、今も色んなフルート演奏者によって使われているわけですから、凄いことですし、使いやすさや音の響から全てが納得のいくものなのだと思いますよね。

フルートの数や種類、メーカーも様々でたくさんありますので、藤澤涼架さんが使っているフルートのメーカーをはっきり確定は出来ないのですが、初めにも説明しましたヤマハ、ムラマツ、パールなどは使用しているのではないでしょうか。

Mrs. GREEN APPLEの曲などによってフルートを使い分けていることもあるとは思いますので、それぞれの良さがあるフルートのメーカーなど選んでいそうですよね。

スポンサーリンク

藤澤涼架のフルートの値段や種類は?

藤澤涼架さんが、使われているフルートについては不明ではありますが、フルートの値段や種類などもご紹介していこうと思います。

気になるフルートの値段については、かなり値段の幅はあるようですね。

初心者の方だと、フルート初心者セットがあり価格は¥10.000~購入が出来ます。

各メーカーが、初心者の為のセットを出しているので、これはらフルートを始めてみたい方などはお手頃な価格でフルートを演奏することか出来るので良いですね!

島村楽器やヤマハと名の知れている楽器屋さんが出しておりました。

気になる方は是非チェックすることをオススメします!

フルートのオススメな種類については、パールヤマハと言った声も多いようでした。

パール PF-505E  ¥68.640

ヤマハ YFL-212  ¥81.180

値段は初心者セットよりも安くはないですが、本格的にフルートを演奏を始めたい方にはオススメのようです。

フルートの練習も重ねて、演奏をするためのものとなると大きく値段は上がっていきます。

安くても¥120.000~となり、高価なフルートとなると¥2.000.000以上もするものあるようでした。

¥2.000.000以上するフルートって、どんな人が購入するんだろう?と疑問には思いますが、演奏者が仕事となるとこのくらいのものは購入して演奏されるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

本日は、藤澤涼架さんの使用しているフルートのメーカーがどこなのか、値段や種類についてご紹介させてもらいました。

藤澤涼架さんが、使われているフルートは不明ではありますが、おそらくメーカーは、ヤマハやムラマツ、パールなど、その時々の場面によって使い分けられている。

藤澤涼架さんて二重になった?と疑惑があり、検証した結果はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました