篠崎絵里子の炎上なぜ?何したのか経緯をまとめてみた!

エンタメ
スポンサーリンク

今回は現在、篠崎絵里子さんがなぜ炎上されている件や、これまでの経緯がどんな事なのか調べてまとめてみました。

篠崎絵里子さんは、普段は脚本家として活動をされている方のようですね。

テレビドラマなら『いま、会いにゆきます』や『クロサギ』など、アニメ作品ですと『ちびまる子ちゃん』など誰もが知っているような作品の脚本も手がけておりました。

そんな篠崎絵里子さんを検索してみると、『炎上』といった言葉が出てきます。

篠崎絵里子さんは一体何したのでしょうか?

複数人での脚本家たちのSNSでのコメントのやり取りが問題視されているようでしたが、何したかも調べました。

なぜ炎上までになっしまったのかの経緯などもご紹介していこうと思います。

どうぞご覧ください。

 

スポンサーリンク

篠崎絵里子の炎上なぜ?

篠崎絵里子さんが炎上してしまった件について調べてみたところ、相沢友子さんが、漫画家として活動されている芦原妃名子さんに対し、SNS上で誹謗中傷をされるようなコメントをする。

相沢知子さんのSNSでのコメントに対して、篠崎絵里子さん他数名による脚本家と呼ばれる方たちが賛同するようなSNSでの発言が炎上につながっているようでした。

日本テレビで放送されていたドラマ『セクシー田中さん』の1〜8話の脚本を相沢友子さんが担当したようです。

残りの9、10話は、原作者である芦原妃名子さんが担当をしていました。

ドラマ『セクシー田中さん』を見た視聴者の声で、『何か違う』などの声が上がったようで、こちらの世間の声に対して、相沢友子さんは自分が書いた脚本ではなく、原作者が書いていることの発言をする。

まるで世間の声である『面白くなっかった』のような声について、自分のせいではないといっているかのように捉えられても仕方なのかもしれません。

しかし、この後半9、10話の脚本が変わったことについて、ドラマ化にあたっての条件が違うとのことで最後は原作者である芦原妃名子さんに変わっている経緯があったようですね。

こちらに関しては、日本テレビに対しても今回の件にあたり『責任は思いよね』との声は多かったようでした。

ここ数年、SNSの誹謗中傷は問題視されておりますよね。

このような結果になってしまったことに対しては、とても残念でならないと思います。

しかし今回のこの件については、本当の内部の話しはどこまでは本当の話しになるのか、分からないところがあるので、何とも言えないところではありますよね。

原作者である芦原妃名子さんや相沢友子さんなど日本テレビの制作スタッフなのでしょうか?

コミュニケーション不足も多少はあったのではないか?とも思われるかもしれません。

ドラマの制作はどのくらいの規模で、どのくらいの人数で会議をされ決定していくかわかりませんが、今後このような悲しい起きないことを願いたいものですね。

 

過去に似た炎上

最近ですと人気作品の『推しの子』の実写版が話題になっておりましたよね?

この『推しの子』の実写化について、かなり炎上されていたようです。

★炎上の理由がこちらのようです。

・原作を再現できないと思う
・コスプレ感が強い
・キャストが悪いとかじゃなくて、何か違う
・期待が大きすぎる
・無理に実写しなくていい

原作者の赤坂アカさんは『実写化する事は無いんじゃないかと』や『本当に大丈夫ですか?』とコメントをされていたようでした。

原作者の赤坂アカさんの反応も微妙だよね。といったコメントあったようでした。

原作がベースとはなると思うので、実写化やドラマ化になるとどうしても炎上してしまうこと多いようです。

今回の『セクシー田中さん』に関しても似たケースなのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

篠崎絵里子は何したのか経緯について

篠崎絵里子さんは、何したのかについては先ほど少しお伝えしましたが、相沢知子さんがSNSで発言をし、その発言に対して、賛同するかのようなコメントをした事ですね。

篠崎絵里子さんの問題視とされてる発言がこちらです。

個人的にはあり得ないと思います。どんな経緯があろうとです。わたしも色々考えさせられました。

どんな事が、あり得ないのかは不明ですが、篠崎絵里子さん個人的には、何かがあり得なかったようですね。

篠崎絵里子さんのこちらの発言には、世間の声はどうなのでしょうか?

一部をご紹介していこうと思います。

良い大人が、SNSで何やってるんだろう。

原作者に対して敬意がないように感じる。

このような声があるようです。

篠崎絵里子さんは、このような発言をされて炎上といった結果になっていましたが、相沢知子さんのコメントに対して、他複数名の脚本家と呼ばれる方たちも篠崎絵里子さんのように炎上している状況のようになられているみたいです。

名前をあげてみると、こちらの方々でした。

関根タツヤさん

和泉咲月さん

関根タツヤさんと言う方は、脚本家をしている方でした。

和泉咲月さんと言う方は、文筆家や写真家、出版プロデューサーといったことをされているようです。

関根タツヤさんと言う方は、脚本家という事でしたが、調べてみたところ何の脚本をされてきたのか出ていなかったので不明です。

脚本家って、何をする人なのかも調べてみました。

脚本家って、何をする人なの?

脚本家とは、映像作品や劇場などの物語を作っていく職業ですね。

映画、テレビドラマ、アニメ、様々な作品の登場人物のセリフや行動などあらゆる観点から構成を作りあげて、シナリオとよばれる脚本を執筆していく役割が脚本家とよばれている方たちのようです。

求められる技術としては、おもしろいことを生み出す想像力や、文書力、物語を構築していくことがあげられるようでした。

かなり求められる能力が高めで、すごくクリエイティブなことが分かりますよね。

おもしろいことや、楽しいことなどが好きで、とにかく無邪気な子供ような方が向いているような職業なのかな?と感じしまたね。

日本で有名な脚本家の方たちが、こちらの方たちでしたので、こちらもご紹介します。

宮藤官九郎さん

三谷幸喜さん

橋田壽賀子さん

名前を見ると、誰もが知っている方たちではないでしょうか?

宮藤官九郎さんは、脚本家としてもとても有名な方ですが、バンドも組まれていて一体職業何個もってるの?といった印象を受けますが、老若男女問わず支持率高めの脚本家ですよね!

三谷幸喜さんも、名前を知らない方はいないように感じます。

脚本家としての実力はもちろんですが、爆笑問題の太田光さんは、学生時代の三谷幸喜さん知っていたようで、当時のことを日大のヒーローで、すごい人気者だったと発言されていました。

良い意味で、一風変わっていてとてもおもしろい方の印象ありますよね。

橋田壽賀子さんについては、誰もが知っている作品「渡る世間は鬼ばかり」ですよね。

手がけた作品は、数々の受章をされており、放送文化賞、紫綬褒章、モンブラン国際文化賞、文化勲章など結果として残されておりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、脚本家として活動をされている篠崎絵里子さんの『炎上』の経緯について、何したのか?
なぜここまでの大きな炎上になってしまったのかまとめてご紹介させてもらいました。

篠崎絵里子さんは、直接的には関係はないようでしたが、なぜこのような発言をされたのかはご本人にしか分からないですよね。

何したかについては、相沢知子さんがSNSでコメントをし、そのコメントに対して賛同している賛同しているかのような発言があった。

篠崎絵里子さんの何したか?についての経緯をまとめてご紹介しました。

ネット上のやり取りも何か発言すると、すぐに炎上しやすい社会にはなりつつあるので、厳しい世の中でもある気はしますが、お互いに嫌な気持ちにならないようなツールのひとつで、あってほしいものですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました