堂安律の高校時代のエピソードは?偏差値や成績も調査!

エンタメ
スポンサーリンク

現在、サッカーワールドカップの予選がかなり熱く繰り広げられおりますよね!

日本は準々決勝進出が決まり、サポーター達の熱気もすごいのではないでしょうか。

そんな中、注目の選手でもある堂安律選手の活躍がすごい!と話題ですね!

堂安律選手が一体どんな学生時代を送られてきたのか気になりませんか?

今回は堂安律選手の高校時代のエピソードや偏差値、成績についてまとめてみしました!

どんな高校時代を送られていたのかエピソードなど気になりますよね!

おそらく高校時代は、サッカーの練習に明け暮れていた日々だったのではないでしょうか?

偏差値や成績についても調べてみましたので、是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

堂安律の高校時代のエピソードは?

堂安律選手の高校時代のエピソードすごく気になりますよね!

世界で活躍するサッカー選手なわけですから、高校時代は、ものすごいサッカーの練習量に明け暮れてきた毎日だったのではないでしょうか?

堂安律選手が通われていた高校は、向陽台高等学校を卒業しており、通信制の学校に通われていたようですね!

こちらの向陽台高等学校は、ガンバ大阪と提携してる学校とのことです。

堂安律選手は、高校時代の頃からサッカー選手として活動されていたようで、ガンバ大阪ユース、アンダー世代の日本代表の活動をされていたようでした。

高校は、向陽台高等学校を卒業していたようですが、最初に入学していた学校は、追手門学院高等学校という学校に通われていたようです。

途中から向陽台高等学校へと編入した理由は、サッカーの活動が忙しく、途中から編入をされていたようでしたね。

編入後は、サッカーの練習をされ充実していた毎日を送っていたようでした!

学校とサッカーの練習と両立されて、大変だったとは思いますが、この時の練習されていた時間が今に繋がると思うと、すごいと思いますよね!

辛いときもあったと思いますが、サッカーを見てくれている人たちにも感動を与えてくれるスポーツなので、これからの活躍が楽しみではないでしょうか。

高校2年生になると、2種の登録をされており、トップチームに帯同していました。

その時のアジアチャンピョンズリーグのベンチに入って公式戦でデビューとなったようです。

この頃は、サッカーでの活動が大きく忙しかったようでした。

その後、数ヶ月が過ぎたころにJリーグでのデビューをされ、次のシーズンからは、トップチームの昇格へと勝ち取られたようですね!

これだけの生活をパワフルにこなし、怒涛の高校3年間だったと思いますよね!

このくらいの勢いや情熱がないと、プロの道へいくことは難しいんでしょうね!

中学時代からガンバ大阪ジュニアユースに入団よされていたようでしたので、堂安律選手人生の半分以上はサッカーそのものとも言っていいかもしれませんね!

他にも、オファーをされてきたようで、名古屋グランパスエイト、セレッソ大阪、JFAアカデミー福島などからきてきたようです。

これだけのオファーがあるということは、実力と伸び代しかないといったことですよね!

もちろん、ご自身の努力が実ってこのようなかたちにも鳴っているのでしょうが、本当にすごいと思います。

 

スポンサーリンク

堂安律の高校時代の偏差値や成績は?

堂安律選手は、2つの高校に通われていた過去がありましたよね。

最初に入学をされたのは、追手門学院高等学校、途中から編入をされたのが向陽台高等学校。

それぞれの高校の偏差値や成績なんかもご紹介していきます!

 

追手門学院高等学校

追手門学院高等学校の偏差値は、コースにもよりますが、4つのコースがありましたので説明していきます。

・スーパー選抜コースの偏差値が61
・グローバルアカデミーの偏差値が58
・グローバルサイエンスの偏差値が58
・特進コースの偏差値が58

堂安律選手が、どのコースに通われていたのかまでは、不明ではありましたが、偏差値は高めなことが分かりますよね。

高校時代の成績については、情報がでていない為、不明ではありますが、偏差値が60前後となるで、成績は良かったと思われますよね!

追手門学院高等学校の特徴としては、世界に視野を取り入れているようで、多様性を尊重し、世界で活躍が出来る教育方針をされているようでしたね!

現代は、多様性に満ちた社会にとも言われてる時代ですので、時代を見据えている学校なのだと思われますね。

 

向陽台高等学校

向陽台高等学校の普通科の偏差値は43でした。

向陽台高等学校の特徴としては、家庭の事情などで進学を断念した方から、芸能やプロサッカー選手を目指す方など幅広い方が通われている通信制の学校のようですね。

制服についても、私服で通うことも大丈夫みたいなので、自由度が高い学校かもしれないですね!

堂安律選手も在籍されている時は、伸び伸びと勉強やスポーツなど熱心に学ばれていましたよね!

こちらの向陽台高等学校の卒業生には、プロサッカー選手になられていた方が多くおりました!

卒業生の方たちが、こちらです。

稲本潤一さん・宇佐美貴史さん・岡崎建哉さん・家長昭博さん・寺田紳一さん・平井将生さん・木村敦志さん

サッカーをあまり見ない方でも、名前を見て知ってる!と思う方はいらっしゃるはず!

すごい方達ばかりですよね!

学生時代の成績については、どちらも高校とも確かな情報が出ていなかったので、詳細は不明です。

しかし、学生時代からサッカーに関しては、かなり良い成績を残されていることは間違いないですよね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、現在ワールドカップサッカー予選で、ご活躍中でもある堂安律選手の気になる高校時代のエピソードなどご紹介させてもらいました!

高校時代にはすでに、サッカーでの活躍がすごい!

エピソードとしては、学生時代の時間は、ほぼサッカーの時間に費やされており、怒涛のサッカーや学校との両立で忙しい時を過ごされていた。

偏差値については、最初に入学されていた追手門学院高等学校は、通っていたコースよりますが、58~61になります。

途中編入後に通われ卒業をされた向陽台高等学校の偏差値は、普通科の43です。

高校時代の成績については、確かな情報はなかったので、不明。

学業の成績については、不明ではりましたが、最初の頃に通われていた追手門学院高等学校は、偏差値が高めだと思うので、賢い方ではあったとは思われますね!

引き続き、堂安律選手を応援していきたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました